• 安塚の四季

サステナブルと農業 耕太郎農園とサステナブル

 軸はサステナブル、ITは脇役の記事を見てなるほどなーと思った。現在のパンデミックの環境下(コロナで)においては、イノベーション(新しい価値感)が加速する傾向にあり、今後の経済・社会・消費者体験・生活の至るところまで変わると思う。


 サステナブルと農業と検索したら、たくさんの記事がのっているのに驚いた。各企業がサステナブル(持続可能性)への対応。環境、資源、エネルギー、カーボンニュートラルへ将来目標、EV(電気自動車)など具体的な製品へと取り組んでいる。


 耕太郎農園の担い手対策をサステナブルとして考えた。そして耕太郎農園がこれからやろうとしているサステナブルを紹介します。まずは耕太郎農園の紹介です。

これは「ワーケーションの提案書」の1ページです。